家で好きな時間にひげを脱毛できる美容家電。肌への影響は?

セルフマシンの美容家電でトラブルが多い理由は、無茶な使い方を勝手にしてしまうことにあります。

ひげの脱毛に応用すれば間違いなく肌トラブルに。

絶対にやめましょう。

■美容家電を勝手に応用することの危険性。

皮膚を軽くみてはいけません。

特にひげの脱毛は、鼻の粘膜の近いところにレーザー光を照射するものです。

自分で行なうことは非常に危険ですし、その上むだ毛処理用の美容家電をひげの脱毛に活用しても効果はありません。

ひげの脱毛ではなく、他の部位の脱毛に正しく使った人でも肌トラブルを起こしまうほどです。

■美容家電は無茶な使い方をする人が多い。

先のお話しで「脱毛マシンを正しく使った人」と表現しましたが、厳密にいうと不適切な使い方によって肌トラブルを起こした人が大半です。

たとえば照射口を脱毛部位に近づけすぎたり、照射時間をマニュアルに表記してある時間より長くしたりといった具合です。

脱毛効果をアップしたくなるのはひげの脱毛でも同じです。

人間の心理として理解はできますが、長く照射すれば肌トラブルに見舞われるのは当たり前です。

■美容家電だから少々マニュアルのガイドラインを無視しても大丈夫?そういう思い込みの激しい人ほど、専門家に任せましょう。

美容家電だからと甘く見ていたら、ひどい健康被害にあうことになります。

本来であれば医師や専門家に任せるべきものです。

勝手な使い方をしてケガや後遺症を負っても訴える先はありません。

肌の質などを見極めたうえでの専門家の施術が必須です。

Comments are closed.