最近ひげを脱毛した同僚の成績アップ!清潔感は出世にも響きますか?

質問者の年代がどの辺かはわかりませんが、30代男子ならひげの脱毛は当たり前な時代です。

ひげのための脱毛をどう捉えるべきかお話ししておきます。

■美肌にお金をかける男性への高い好感度。

女性の社会進出が当たり前になって、幹部職や役員にも女性が登用される今日、取引先の決定権のある担当者が女性ということも珍しくはなくなりました。

世代間の違いはありますが、営業マンでもネイルサロンに通い、指先をきれいにしておくのはマナーだとまで言われています。

ひげの脱毛は美肌に通じ、美肌にお金と時間をかける男性は、気遣いのできる人と好感をもたれるのが普通です。

無精ひげでなくても、ツルツルの美しい口周りで営業に行くことはマイナスではありません。

ひげのOK・NGラインは職種によっても違うようです。

◇注目記事>>職場のヒゲはあり?なし? OK・NGラインを職種別で探る

■ひげの脱毛とネイルサロンは必須アイテム。

ひげの脱毛が想像以上に盛り上がっているのは確かです。

40代の男性は少し抵抗もあるでしょうが、30代の男性であれば「ひげの脱毛は当たり前」と答えるでしょう。

ネイルサロンに行くのと同じ美意識です。

回答者の私が40代で、同じように営業職についていたら思い切ってひげの脱毛に通うでしょう。

その決断が明暗を分けるかも知れません。

■時代は明らかに清潔感のある男性が主流になりつつあります。

ひげの脱毛は営業の必須アイテムと割り切って実行しましょう。

社会を動かす中心が30代・40代で、この2つの世代が、ひげの脱毛をめぐって二分された状態にあります。

管理職となった40代は、清潔感をモットーに営業するのが当たり前な時代です。

分岐点に立ってはいますが、まだ乗り遅れてはいません。

断行しましょう。

Comments are closed.